交通事故の後遺症

交通事故に遭った人から、後遺症が治らない、交通事故に遭ってから体の動きが悪くなった、とか雨の日には足の動きが悪い、といった体験談を聞いたことがある人も多くいるでしょう。
後遺症で起こるこのような症状は、歩行者であっても運転手であっても起こる可能性のあるものです。
交通事故に遭うと、体に強い衝撃がかかります。
その時に、S字に体が動き、頭と体とが違う方向に引っ張られ、首に強い衝撃がはしります。
事故にあった直後には、特に痛みがなくても次第に首や肩、頭に痛みがでてきたり、ひどいときにはめまいやしびれを起こす例もあります。
このような交通事故の後遺症は、通院しても効果がなく一生治らないものだと思っている人も多いものです。
実際、完全にもとどおりになるというのは難しいものですが、リハビリを続けていけば少しずつ症状を緩和することができるものです。

後遺症を感じている人の中には、通院しても電気があてられて湿布をもらうだけだから、とか我慢できる痛みだから、といって放置をしてしまう人がいます。
このような放置をしてしまうと症状が悪化したり無意識に他の部分が損傷部分をかばっていたために二次的に不調を起こしてしまうことがあります。
後遺症は風邪のように薬を飲めばすぐに改善するものではありません。
そこで上手に付き合っていく方法を探していくことが大事なのです。
そこで、ここでは後遺症と上手に付き合っていくための方法を紹介します。

Copyright © 2014 後遺症とは上手くお付き合いする事が大事 All Rights Reserved.